Udemy の Webスクレイピングコースを 90%OFF で学べます!! >> クーポンは10/27(金)まで

Pythonの独学に挫折しそうな方必見!! 原因と対処法を詳しく解説

挫折のイメージ

本ページには PR が含まれます。

Pythonの独学に挑戦してみたけど
難しすぎてもう無理そう…。

こうしたPython独学に苦戦している方に向けて、対処法やプログラミング学習における大切な考え方を解説します。

この記事でわかること
  • プログラミング独学が挫折しやすい理由
  • 挫折しそうなときの対処法
  • プログラミング学習に欠かせない大切な考え方

この記事を書いた人
じゅんぺー
  • 学習プラットフォーム Udemy講師
  • 東証一部上場メーカーでバイタル推定の技術開発に従事
  • Pythonを使った業務効率化ツール開発の請負
  • Webアプリケーションの個人開発

実は私もプログラミング学習を始めて3ヶ月で挫折を経験しています…。


それまでまったく触れたことのなかったIT用語やプログラミングに関する専門用語の意味がわからず、

インターネットで調べても全然先に進めなかったときは本当に苦しかった覚えがあります。


本記事では、私の苦悩した経験を踏まえてプログラミング学習に挫折しそうな時の対処法と大切な考え方を詳しく紹介します。

必死にプログラミングでスキルアップを目指すあなたが、苦しい時期を乗り越えられることを祈っています!!


目次

プログラミング学習は挫折が当たり前!?

出典 : 侍エンジニア塾

そもそもプログラミング学習は他のスキル習得にくらべて難易度が高く、挫折するのがごく普通の分野なんです。

いまあなたが感じている苦悩や行き詰まりは、同じくプログラミング学習する人のほとんどが経験していること。

プログラミング学習に苦戦しているのはあなただけではありませんよ!!

だからこそITエンジニアが価値ある人材たり得る理由でもあります。


決して

  • 「自分はダメなんだ…」
  • 「周りの人たちはどんどん先に進んでいるのに...
  • 「こんなこともわからないなんて…」

などと自分を責める必要はありません。


「プログラミング学習が苦しいと感じる」のは、あなたが難しい分野に果敢に挑戦している証拠です。


プログラミング学習を始めた頃の気持ちをぜひ大切にしてくださいね!!


そもそも、なぜプログラミング独学は挫折しやすいのでしょうか?

プログラミング独学が挫折しやすい理由

プログラミング独学が特に挫折しやすい分野であるのには、以下の4つのポイントがあります。

プログラミングの独学が挫折しやすい理由
  • 解決できない問題が多すぎる
  • うまくいっている人と自分を比較してしまう
  • 理想と現実のギャップが大きすぎる
  • 学習を継続できない(自己管理が難しい)

それぞれひとつずつ詳しく解説しながら、一緒に具体的な対処方法を確認していきましょう。


挫折しやすい理由① | 解決できないこと(エラーなど)が多すぎる

解決できな人のイメージ

特にプログラミング学習を始めたばかりの人にとって、初めのうちはわからないことだらけです。

プログラミング学習をしている時間より、『Google検索してる時間の方が長いんじゃないか?』と思うことも。

じゅんぺー

エラーで行き詰まって、丸一日かけても解決しない…。
なんてことはよくあります…。


人間が難しい問題や課題に挑戦しているときに感じてしまう

  • 「全然前に進めていない…。」
  • 「自分の成長が感じられない…。」

という停滞感は、モチベーションを大きく低下させてしまうことが心理学的にも証明されています。
(参考 : マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力)

ほんの些細な「自己否定」が、結果的に挫折につながってしまうケースも多いんです。


具体的な対処方法

挫折への有効な対処方法の具体例はこんな感じ。

挫折への有効な対処方法
  1. 小さな進歩・前進をこまめに記録する
  2. 学習日記をつける
  3. 学んだことや困っていることを発信する

とにかく『自分は無意味に立ち止まっているわけではないんだ』と感じられるようにすることです!!


たとえエラーが解決できなかったとしても、

昨日までは理解していなかった点が、少しわかった気がする!!

というように、結果そのものだけでなく学んでいる過程を楽しむことがとても重要です。


昨日よりほんの少しでも成長していることに目を向けてみよう!!

学習過程を振り返る時間を作ってみるのがおすすめですよ!!

これだけでもかなり心が軽くなるはずです。

じゅんぺー

私は毎日、寝る前に日記をつけて、
苦しくなったときに日記を見返していましたよ!!


「エラーが解決しないこと自体にストレスを感じてしまう!!」という方は

MENTASAMURAI ENGINEER Plus+などの現役エンジニアに相談しながら学習できるサービスもあります。

テンポ良くどんどんステップアップしていきたい方は検討してみても良いでしょう。


他にもPython独学の効率的な学習ステップを知りたい方は合わせてこちらもどうぞ!!


挫折しやすい理由② | うまくいっている人と自分を比較してしまう

挫折している人のイメージ

現代のネット社会では、SNSからいとも簡単に知らない人の成功話や自慢話が流れてきます。

  • 「プログラミング始めて〇ヶ月で月△△万円稼げた〜」
  • 「プログラミングやってたらエンジニアに転職できました!!」
  • 「案件取るの簡単すぎwww」

といったツイートは後を絶ちません。


これらを目にすることで湧き起こる『嫉妬』の感情は、一気にあなたのモチベーションを低下させかねません。


みんなはできるのに、なんで自分は…。

こうした絶望感を抱いてしまうと、もはや学習を続けるのが苦痛になってしまいます。


もし、あなたが既にこうしたストレスを感じてしまっているなら、そっと差し伸べたい本があります。

じゅんぺー

私の人生の苦しい時期を、何度も救ってくれた一冊です。


具体的な対処方法

挫折ポイントに有効な対処方法はこんな感じ。

ストレスへの有効な対処方法
  • 勉強の合間にはSNSを見ない
  • 強い嫉妬を感じたら、深呼吸や軽い運動をする
  • 「ストレスは活力にもなる」という視点も持ってみる

比較によるストレスがいちばん厄介であることは私も強く実感しています。

とはいえ、人間は本能的に誰かと自分を比べてしまう生き物なので「絶対に比較するな!!」というのは現実的ではありません。

ポイントは以下の3つです。

  1. 無駄なストレスを受ける機会を減らす
  2. ストレスに対処する力を養う
  3. ストレスを逆に利用してエネルギーにする

周りの人たちはスゴイかもしれないけど、
自分も少しずつ成長していこう!!

こんな風にストレスを行動のエネルギーに変換できたら、もっと成長するチャンスになるかもしれませんね。


ストレス対処におすすめの書籍

ストレス対処におすすめの書籍をあげておきます。




挫折しやすい理由③ | 理想と現実のギャップが大きすぎる

仮にプログラミング学習が順調に進んでいたとしても、エンジニアの現実を知るとショックを受けることもあります。


  • すぐに収入が上がるんでしょ?
  • プログラミング案件は簡単に獲得できるんでしょ?
  • プログラマーになれば優遇されるでしょ?

というように、プログラミングを学べばすぐに華々しい世界が待っていると考えて学習し始める人も多いはず。


しかしながら、現実はそれほど甘くありません。


  • 経験の浅いうちは単価の低い仕事をこなす必要がある
  • 案件を自分で獲得するには『交渉力』や『提案力』が必要になる
  • 優秀なプログラマーは世の中にごまんといる

というように、ちょっとプログラミングを勉強したところで現実はあまり変わりません。


なんか思ってた世界と違ったわ。

せっかくスキルを身につけても、それを活かすために更にスキルが必要になると知ってプログラミングをやめてしまう人も多いんだとか。


具体的な対処方法

ここでの有効な対処方法はこんな感じ

対処方法
  • 現実的な目標を設定する
  • 誰でもできそうな簡単な仕事・案件をあえてやってみる
  • プログラミング以外にも必要なスキルがないか自問する

ポイントは自分の力量を客観的に認識すること。

一定期間プログラミングのことばかり考えて過ごしていると、視野が狭くなり自分の立ち位置を正しく把握できなくなってしまいます。


じゅんぺー

まずは小さな仕事・案件からでもやってみよう!

たとえプログラミングスキルを徹底的に極めても、常に『上には上がいる』ことを忘れてはなりません。

自分の能力を客観視し、自分の持ち合わせた能力と掛け合わせたり、他に不足している能力を身につけることも重要です。

まずはあまり魅力を感じない仕事や案件からでも挑戦してみて、少しずつ実績を積んでいきましょう。


簡単な案件から着実にこなして実績をつくりたいという方はランサーズクラウドワークスなどで仕事を探してみると良いですよ!!


挫折しやすい理由④ | 学習を継続できない(自己管理が難しい)

プログラミング独学はある意味自分との戦いでもあります。

  • 本当は勉強したいけど、仕事や学校で疲れ果ててしまう
  • 会社の残業で勉強する時間が取れない
  • 家族との時間が多くて、ひとりでゆっくり学習できる環境がない

こういう状況では、思うように学習を進めることもできません。


他のことでいっぱい一杯であまり勉強できてないけど
こっちも大切なことだし仕方ないよね…。

もちろん他人の過ごし方や価値観にとやかく文句を言うつもりはありません。


しかし、私からひとつだけお伝えしておきたいことがあります。

自分が本当にやりたいことができないのを、周りのせいにだけはしないで欲しい


はっきり言ってしまうと、プログラミング学習をやらなくていい理由なんかいくらでも思い浮かびます。

たとえあなたがどんな環境にいようと、自分の意思・選択で行動を決めなくてはなりません。

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

スティーヴ・ジョブズ

具体的な対処方法

ここでの有効な対処方法はこんな感じ。

対処方法
  • 生活の中に学習のトリガーを決めておく
  • 朝起きて、一番最初にプログラミング学習をする
  • 週のうちに自分がサボることを計画に入れておく

ポイントは学習を習慣化すること。

習慣化に最も効果があると言われている「if-thenプランニング1「もし〇〇したら〜〜する」のように行動のきっかけをあらかじめ設定しておく行動療法を活用しましょう。

自分の生活で必ず行う行動にプログラミング学習をくっつけることが有効です。


じゅんぺー

私は学生時代、『朝食を終えたらPCに向かう』と決めていました。


たとえ学習が捗らない日があっても大丈夫。

プログラミング学習が『歯を磨くのと同じくらい生活の中で当たり前の行動』にすることです。


人間の意志力は本当に弱いものなんです。

誘惑に負けて自分を卑下するのではなく、

どうすれば継続的に学習に取り組めるだろうか?

と考えることの方がよっぽど建設的ですよね。

おすすめの書籍

習慣化におすすめの書籍を挙げておきますね。




プログラミング学習に欠かせない大切な考え方

考え方のイメージ

プログラミング学習をするうえで忘れてはならないのは、『日々、少しずつコツコツと前進すること』です。

どれだけ勉強が得意な人でも短期間でプログラミングをマスターできるほど、簡単ではありません。


ときには自分を責めたり、周りと比較してしまって苦しくなってしまうこともあるでしょう。

一日一日の小さな成長を噛みしめながら、常に昨日の自分をほんの少しでも越えていくつもりで毎日の学習を大切にして欲しいです。

Python独学における学習ステップを細分化して解説しているのでぜひ合わせてこちらもどうぞ


画像出典 :

Yanalya – jp.freepik.com
Jcomp – jp.freepik.com
Macrovector – jp.freepik.com
Macrovector – jp.freepik.com
Stories – jp.freepik.com
Rawpixel.com – jp.freepik.com Pch.vector – jp.freepik.com
よかったらシェアしてね!
目次